紫外線 髪

紫外線からキレイな髪を守るには頭皮のスキンケアに着目したアイテムが必要だった

 

天気が良い日っても気持ちも晴れ晴れしていいものですが、その反面、美意識が高い女性なら気になりますよね!

 

あの紫外線

 

特に日差しが強いと日焼けしないかとっても気になるものです。

 

しかし、紫外線が体に与える影響はお肌だけではありません。

 

特に強い影響を受けるのは、髪の毛なんです。

 

いつまでも髪をきキレイに保ちたいなら紫外線対策もバッチリ決めておかないと意味ありませんよ。

 

UVスキンケア発想のシャンプー&コンディショナー【FORM】

 

紫外線のダメージからキレイな髪を守りたい

 

春先から夏に向けて一気に増える紫外線。

 

太陽から降り注がれる紫外線の量は、一年を通して必ずしも一定ではないのです。

 

特に一年を通して5月〜9月まではとても強い紫外線が降り注いでいます。

 

よく日焼けが気になるから、お肌の紫外線対策はバッチリ!という人は多いですが、

 

髪の紫外線対策までは・・・なんて。

 

普通は、紫外線から髪を守る対策まではやりませんよね!?

 

でも、髪に紫外線が与える影響は、顔のおよそ5倍とまで言われています。

 

意外と知られていない髪と紫外線の関係。

 

キレイな髪を長く保ちたいなら絶対に知っておきべき知識です。

 

紫外線ってそもそも何?

 

目に見えない紫外線ってそもそも一体何者なのか?

 

目に見えないモノだからこそ気になりますよね。

 

ここで少し紫外線の説明を。

 

紫外線は、大きく分けて3つのタイプに分類されます。

 

紫外線UV-A波(比較的影響なし)

 

太陽から地球に届く紫外線のうちその多くは(95%以上)UV-A波です。

 

それほど体に悪い影響がある紫外線ではありませんが、長く浴びてしまうと健康にも影響があると言われています。

 

このUV-A波の特徴は、窓ガラスや雲なども通過して肌の奥まで到達します。

 

紫外線UV-B波(要注意)

 

UV−B波は、ほとんどが大気層レベルで吸収されてしまいますが、その一部(約5%程度)は地表へ到達し肌や目に影響を与えます。

 

このUV-B波は日焼けやの原因となったり皮膚がんの発生に影響しているといわれています。

 

ちなみに、窓ガラスなどで一定量はカットされます。

 

 特に体に影響を及ぼすのはUV-B波ということになるのです。

 

紫外線UV-C波(影響なし)

 

UV-C波は、オゾン層などで吸収されてしまいますので地表には到達しません。

 

なので、体に影響を及ぼすことはありません。

 

紫外線UV-B波が髪や頭皮に与える影響とは

 

では次に、この紫外線UV-B波が髪や頭皮にとってどのような影響を及ぼすことになるのか気になりますよね。

 

いったいどのような影響を与えているのでしょうか?

 

メラニンが分解されてしまう!

 

髪に紫外線UV-B波が当たってしまうと、髪に含まれるメラニン色素が分解されてしまいます。

 

この場合、髪の色が抜けおち赤茶色に変色してしまい、光などに透かして見てみると白っぽくて、いかにも生命力のない髪へと変貌してしまいます。

 

特にパーマやヘアカラーなどをしている場合、特にこの影響が強く現れます。

 

パーマやヘアカラーをしていると、そもそも髪にとってダメージを与えてしまっている状態なので、紫外線UV-B波には比較的弱く通常よりも強く髪の変色が進んでしまいます。

 

それに、長い目で見ると白髪が増えてしまう原因にもなるんですよ。

 

 最近、白髪が増えたなって感じている場合、年齢だけのせいではないかもしれません。

 

切れ毛や抜け毛も増えてしまう

 

そもそも髪は、たんぱく質であるアミノ酸システインが結合して作られています。

 

紫外線UV-B波には、アミノ酸システインを分解してしまう作用があるため、髪に悪影響を及ぼします。

 

このアミノ酸システインが分解されると、髪の弾力性が失われその結果、切れ毛や枝毛が目立つようになってきます。

 

それに、髪そのものがとても弱くなるので、抜け毛も増えてくるし最終的には薄毛になってしまうこともあるんです。

 

心当たりはありませんか?

 

頭皮もお肌なので紫外線ダメージは要注意!

 

頭皮は、自分の目でみてその状態を確認することはできませんよね。

 

それに、髪に守られているのだから、特に紫外線の影響は受けないのでは?

 

なんて思っていませんか。

 

それは誤りです。

 

夏場に経験したことがあるかもしれません、やけに頭がヒリヒリするなあ!ってってこと

 

鏡でよく見てみると頭皮が赤く日焼けしていることをはじめて確認したなんて。

 

すでにこの時点で頭皮にはかなりのダメージを受けてしまっています。

 

頭皮には、毛髪を作る毛母細胞が含まれています。

 

この毛母細胞が破壊されてしまうと、抜け毛や薄毛の原因にもなりますし、

 

毛根の中にある色素細胞のダメージは白髪の増加にも繋がってしまいます。

 

そもそも、頭皮とは髪の毛を成長させるよく肥えた土壌のようなものです。

 

畑が荒れていると、作物が豊富に実らないのと同じように

 

頭皮が荒れてしまうと髪の毛も豊かに正しく育たなくなってしまいます。

 

実は、紫外線から髪を守る上で一番大切なのは、頭皮に対するケアをしっかりと行うことだったんです。

 

今だけでなく、将来を見据えてキレイな髪を保ちたいのなら絶対に頭皮の紫外線ケアは欠かすことはできません。

 

UVスキンケア発想のシャンプー&コンディショナー【FORM】

 

紫外線から頭皮を守る必須アイテム!

 

髪や頭皮を紫外線のダメージから守るためには、いくつかの必須とも言えるアイテムがあります。

 

いくつかご紹介しますね。

 

定番アイテム日傘と帽子

 

一番お手軽にそしてすぐに用意できるのが日傘と帽子ではないでしょうか。

 

特に外出時に帽子をかぶって出かけることは容易にできますね。

 

つばの広がった帽子だと顔もカバーできるからおすすめです。

 

最近では紫外線防止用タイプもたくさん市販されていますから、そういったものを選ぶといいですね。

 

この場合ワンポイントアドバイスとし、

 

紫外線から髪を守るために髪をできるだけ帽子の中に入れてしまうとより効果的です。

 

髪が長い場合などには、まとめてしまって髪全体をしまい込むようにしましょう。

 

首元も涼しくなっていいですよ。

 

ただ、日差しが強く感じられる日には帽子だけでは少し心もとないこともあります。

 

こんな日には、日傘も必要ですね。

 

日傘の場合、上半身のほとんどを紫外線からカバーできるのでより効果的です。

 

それに、日中日傘をさして歩いていると何となく優雅に見えますよね。

 

日焼け止めクリーム

 

帽子や日傘だけでは不安と思う時には、頭皮に日焼け止めクリームを塗ってみるのもいいでしょう。

 

でも、頭皮に日焼け止めクリームを塗っても大丈夫なの?

 

なんて心配しがちですが、そこはまず問題ありません。

 

そもそも頭皮はお肌の一部です。

 

それに日焼け止めクリームには肌荒れを防ぐ成分がたくさん配合されています。

 

それでも不安でしたら顔用の日焼け止めクリームを使ってみるといいでしょう。

 

顔はお肌の中でも敏感な部分になります。

 

顔用の日焼け止めクリームはとってもやさしい成分で作られているので安心して使うことができますよ。

 

スキンケアの発想で作られた髪と頭皮のためのシャンプー

 

紫外線から髪と頭皮を守るアイテムの中で一押しなのがスキンケアの発想で作られた【POLA】のシャンプーです。

 

まさに紫外線UV-B波の影響を考慮して作られた【POLA】フォルムはベストマッチとも呼べるアイテムです。

 

【POLA】フォルムは、1500万件以上の肌のデータをベースにして日本人女性の肌を研究しつくし

 

開発されたシャンプーでありスキンケアの発想で髪と同様に頭皮のケアもしてくれるから、

 

将来にわたって豊かでキレイな髪を保ってくれる理想のアイテムですよ。

 

この【POLA】フォルムを公式通販サイトで購入すると送料無料でお得に購入できるからおすすめです。

 

★【POLA】フォルムの詳細は、公式通販サイトから確認してくださいね♪

 

>>>スキンケア発想のシャンプー&コンディショナー【FORM】公式通販サイト